流れから覚える

業者を利用する機会は、たくさんありますよね。しかし、依頼してから完成するまでどんな流れになっているのか分からないものです。そのため、基本的に業者を利用する場合は、利用の流れから覚えるのが大切です。今回はマグネットシート印刷を依頼する流れを紹介していきます。車などに貼るマグネットシートを作りたいなら必見ですよ。

マグネットシートを制作

印刷

業者に注文する

マグネットシートを作る場合、まずは業者に連絡します。商品の注文から行いましょう。商品を注文したあとは、確認メールが送られてきます。

データの入校

マグネットシートのデザインデータを入校します。業者のスタッフが確認してくれるでしょう。データ確認後も、チェック完了のメールが届きます。

料金の支払い

銀行振込などで料金を支払いします。料金が支払われてからマグネットシートの制作を開始するでしょう。料金支払後に入金確認メールが送られてきます。

印刷を開始

料金支払い確認後に、マグネットシートの印刷を開始します。基本的に印刷が完了し、発送されるまでの期間は5営業日以内です。

商品の到着

完成したマグネットシートは宅配便で届けられます。しっかりと商品をチェックし、問題があれば業者に連絡しましょう。すぐに対応してくれます。

マグネットシートは専門の印刷業者にお任せ

色見本

専門業者を利用

業者と言っても様々な種類の業者が存在しています。必要に応じて使い分けるようにしましょう。冊子や同人誌を制作するなら、印刷業者を利用するのが適切です。また、印刷業者の中にはマグネットシートの制作を専門に行っている業者もあります。車のステッカーなどを制作することができるでしょう。制作するアイテムによって、ベストな業者が変わってくるのです。

色見本

販促物なども制作

冊子や同人誌、ポスターやステッカーなどを制作する場合は販促物にもこだわりましょう。透明封筒や包装用の商品を作っている業者を利用するのが最適です。朋和産業なら、ラベルなどの制作も依頼できるでしょう。透明封筒などに作品を入れて販売すれば、クオリティも高まります。必要に応じて、販促物なども用意するのが大切です。手提げ袋なども便利に利用できるでしょう。

[PR]
朋和産業が好評!
事業内容をチェック♪

マグネットシートに関するQ&A

男女

料金の支払い方法は選べる?

マグネットシート印刷を業者に依頼する場合、カード決済や銀行振込などが利用できます。郵便振替などでも料金を支払えるでしょう。

アルミにも貼り付けられる?

アルミ複合板だけではなく、発泡パネルにも貼り付けることができます。見積もりなどを出したい人は、業者に相談してみましょう。

デザインも考えてくれるの?

業者にマグネットシートのデザインを依頼することも可能です。専門のデザイナーがデザインしてくれます。デザインに悩んでいる人は利用してみましょう。

[PR]
冊子印刷の見積もりをチェック!
条件に合った業者を見つけよう

[PR]
透明封筒の詳細チェック
利用内容を確認しよう

広告募集中